ミネラルウォーター・焼酎の通販オンラインショップ「財宝」

通話料無料の電話・FAXでもご注文いただけます
詳細はコチラ
私たちもオススメします。
白川太郎博士

私は、ずっと『財寶温泉』を飲んでいます。
おすすめします。

元 京都大学教授白川 太郎

これからの季節、暑い日が増えてきます。このようなときに冷たい水を大量に飲むことはよくありません。喉が渇いたときには、常温もしくは冷え過ぎていない水を、こまめに水分補給することが大切です。私は、地下1000mから湧出するミネラルをよく含んだ『財寶温泉』を1日2ℓを目安に飲んで、暑い季節の健康維持につとめています。

プロフィール

1983年、京都大学医学部を卒業し、医師免許を取得。95年、大阪大学医学部博士号を取得。 前 京都大学大学院医学研究科健康増進行動学教授。

堀江良一博士

私も、毎日『財寶温泉』を飲んでいます。
私も、『財寶温泉』をおすすめします。

京都大学医学博士堀江 良一

暑い季節を迎えるにあたり、皆さんに特に気を付けて欲しいのが水分補給です。基本的に暑いと感じたときに適切な分量の水をゆっくりと飲むことが大切ですが、私の場合、自分のライフサイクルに合ったタイミングで飲むことで、1日2ℓを目安に飲んでいます。

プロフィール

京都大学医学部卒(1971)。同大学大学院医学研究科卒(脳神経外科学・脳神経病理学専攻にて、京都大学医学博士号受与 1978)。米国政府からの招請により、NIH(米国国立医学研究所)のVisiting Associate(客員研究指導員)として渡米。国立島根医科大学医学部医学科助教授(1980〜2006)。第5回日本脳卒中学会賞受賞(1981)。国立大学法人島根大学医学部医学科准教授(大学院担当2007〜2009)
現在:国際医学アカデミー・ライフハーモニーサイエンス国際事務局学術評議委員会議長

柳本行雄博士

私も、毎日『財寶温泉』を飲んでいます。
私も、『財寶温泉』をおすすめします。

NPO法人国際保健協会 名誉理事
NPO法人 E・E-21 理事長
生活科学研究所 所長
柳本 行雄

私たちの身体の半分以上は、水でできており、しっかりとした水分補給は欠かせません。

“健康はすべてに勝る財宝なり”天然アルカリ温泉水「財寶温泉」を皆さまにもおすすめします。

プロフィール

1953年大阪市立医科大学を卒業し、58年に医学博士を取得。68年に文部省在外研究費によりパリ大学に留学。72年、生活科学研究所創立、所長に就任。同年、四天王寺国際仏教大学教授に就任。2002年に、同大学、同大学院(2003年4月〜)学長並びに保健管理センター長。04年から06年まで同大学保健管理センター長。
現在:日本消化器病学会認定専門医・食品衛生管理士・日本統合医療臨床協会名誉会長(総務省認定)・四天王寺大学名誉教授