焼酎の基礎知識-焼酎に関する知識を深める

焼酎の歴史

焼酎は、すでに13〜14世紀頃には中国大陸や南海諸国で製造されていたようですが、日本への焼酎の伝来については、次の三つの経路が有力であるといわれています。

1琉球経路

14世紀頃の琉球(現在の沖縄県)は日本をはじめ、中国や朝鮮、南海諸国等との海上貿易の拠点となっていました。その為様々な東洋の蒸留酒(焼酎)が琉球経路で日本にも入ってきたといわれています。特に、シャム王国(タイの旧名)または中国の福建省などから伝わった蒸留酒の製法が、琉球を経て奄美諸島や薩摩(鹿児島)に伝わったとされています。

焼酎のルーツ

2南海諸国経路

14〜15世紀頃、「倭寇(わこう)」と名乗り、朝鮮半島や中国大陸沿岸、さらには南洋にいたる広範囲な海上に進出していた海賊が、海上取引品の産物として南蛮酒(焼酎を含む外来酒)を日本に運んだと考えられています。

3朝鮮半島経路

15世紀頃の日本は琉球、南海諸国や朝鮮、また遠く西洋諸国とも活発に交易が行っており、交易品の中には様々な国の酒類も含まれていました。中でも、朝鮮の高麗酒などは壱岐や対馬を経て日本に入ってきたと考えられています。