焼酎の基礎知識-焼酎に関する知識を深める

焼酎の原料

焼酎は蒸留機の種類によって「連続式蒸留焼酎(甲類)」と「単式蒸留焼酎(乙類)」に分けられます。乙類焼酎は「焼酎」とも言われ、次のアルコール含有物を単式蒸留機により蒸留したもの(水以外の物品を加えたものを除く)となっています。

  • 穀類又はいも類、これらのこうじ及び水を原料として発酵させたもの
    米焼酎麦焼酎芋焼酎、そば焼酎
  • 穀類のこうじ及び水を原料として発酵させたもの
    → 全こうじ焼酎
  • 清酒かす及び水を原料として発酵させたもの、清酒かす、米、米こうじ及び水を原料として発酵させたもの、又は清酒かす
    → かすとり焼酎
  • 砂糖(酒税法施行令第四条二項に規定するものに限る。)、米こうじ及び水を原料として発酵させたもの
    黒糖焼酎
  • 穀類又はいも類、これらのこうじ、水及び下記に掲げる物品を原料として発酵させたもの(その原料中穀類及びいも類(これらのこうじを含む。)の重量の合計が水以外の原料の重量の十分の五を越えるものに限る)
    <主な原料>
    あしたば、あずき、あまちゃづる、アロエ、ウーロン茶、梅の種、えのきたけ、おたねにんじん、かぼちゃ、牛乳、ぎんなん、くず粉、くまざさ、くり、グリー ンピース、こならの実、ごま、こんぶ、サフラン、サボテン、しいたけ、しそ、大根、脱脂粉乳、たまねぎ、つのまた、つるつる、とちのきの実、トマト、なつ めやしの実、にんじん、ねぎ、のり、ピーマン、ひしの実、ひまわりの種、ふきのとう、べにばな、ホエイパウダー、ほていあおい、またたび、抹茶、まてばし いの実、ゆりね、よもぎ、落花生、緑茶、れんこん、わかめ