水は、私たちの生命にとってかけがえのないものです。

「水」

人の体にはたっぷりの「水」が含まれています。成人男性でおよそ60%、あかちゃんにおいては実に75%を占めています。体内の水分は、血液として酸素を体中に送ったり、リンパ液として老廃物の代謝に関わったり、その他非常に重要な働きをしています。そのうち私たちは、普段の生活で1日に2ℓ以上、汗や尿で失っています。そのようにして失われる分を、ふだんは飲み物から1ℓほど、食事からも1ℓほど補給しています。
しかし、体内の不足を避けるためには、意識してミネラルウォーターなどを飲み、補給することが必要です。そのため、毎日2ℓほどを目安にして水を飲むことが大切になります。
年代別の体内の分量の違い

水の基礎知識

水は人間が生きる上でなくてはならないものです。「不足を補えればそれでいい」「なんでもいい」というわけではありません。たとえば、ジュース等で摂取するのはお勧めできません。糖分や添加物を多くとることになってしまいます。健康のためには「よいもの」を続けて飲むのが望ましいのです。
一般の市場にたくさん出回っているミネラルウォーターをはじめとする「水」。 まずそれらを飲む前にどのようなものかを、この基礎知識ページで勉強しましょう。この基礎知識には3つのコンテンツがございます。興味のあるページからご覧ください。