軟水と硬水の違い

硬度とは、カルシウムとマグネシウムから算出されます。カルシウムとマグネシウムをたっぷりふくんだ水を「硬度が高い」といい、このようなものを「硬水」と呼びます。硬水はマグネシウムが多い分苦味があり硬くしつこい味がします。これに対してカルシウム、マグネシウムの含有量が少ない(硬度が低い)水を「軟水」といいます。淡白でコクがない味ですが、苦味の成分をふくまないので甘い味になります。

軟水と硬水の使い分け

それぞれに特徴のある「軟水」と「硬水」ですが使い分ける事でさらに食事や飲み物の味を引き立てる事ができます。
ここでは一部紹介します。

軟 水 硬 水
・コーヒー(マイルドな味、アメリカン)
・焼酎を割る
・ウィスキーを割る
・日本茶(緑茶)
・ダシをとる
・ご飯を炊く
・野菜を煮る
・魚を煮る
・コーヒー(苦味を出す、エスプレッソ)
・ミルクティー
・ウーロン茶
・スポーツ後の水分補給
(カルシウム、マグネシウムのミネラルが豊富なため)
・肉を煮る