天然アルカリ温泉水・お米・焼酎・健康食品の通販オンラインショップ

ミネラルウォーター・焼酎の通販オンラインショップ「財宝」

財宝米のおいしい炊き方〜無洗米編|水・焼酎の財宝オンラインショップ
財宝米―無洗米のおいしい炊き方
米本来のおいしさが味わえる「無洗米」〜無洗米は、水洗いしなくても良い程度まで精米されたお米です。従来の精米では少し残ってしまう、「ぬか」をあらかじめ取り去ってあるため、研ぎ洗い作業の必要がありません。ご家庭で、ぬかの層を水で洗い落とすとき、せっかくの栄養や旨み成分も落としてしまいがちですが、その点、研ぎ洗いの必要のない無洗米は、米本来のおいしさが味わえるといわれております。
天然アルカリ温泉水「財宝」で、よりおいしく召し上がっていただくための、炊き方手順です!
  1. まず最初に、炊飯時必要分の水を釜へ入れます。

    ※お米にゆっくり水を加えれば、1と2の順序が逆でも問題ありません。

    お水にもこだわっていただきたいから天然アルカリ温泉水「財宝」をお使いください!

    超軟水の天然アルカリ温泉水「財宝」は、水道水と比べると水の分子が小さいので、お米の中に水が浸透しやすく、より弾力のあるごはんが炊き上がります。

  2. 次に、釜へお米を入れます。

    米を水の上から入れることで、でんぷん質が浮き上がり、べたついた炊き上がりを防ぐことができます。水が白くにごることがあるのは、ほとんどが旨み部分のでんぷんです。 (気になる方は一度捨ててください。) 米を入れるときは、円を描いて静かにふり入れ、米が平らになるようにします。

    通常の水量より多めの水を入れてください!

    普通精米のお米から、「ぬか層」が取り除かれた無洗米は、1カップ当たりの正味量が多くなるため 水をやや多めに入れることがポイントです。

  3. しばらく、お米を水に浸します。

    浸水することで米に水を含ませてやわらかくし、内部に熱を伝えやすく、ふっくら炊き上げます。夏場は水温が高く、吸水が早いため 30分〜1時間程度、 冬場は 1時間〜2時間程度 漬けることをおすすめします。浸水する時、冷たい水を使用すると、米の芯まで、ゆっくり、むらなく吸収されるので、冷めてもやわらかく、おいしく炊き上がります。

    ※熱湯や、ぬるま湯は使用しないでください。水温が高すぎると急激に浸透してしまうため、炊き上がりのおいしさが軽減してしまいます。

    ぬか層がない分、粒の大きさが普通精米より小さいため釜に入る正味量が多くなります。その分、水も多めに入れる必要があります。

    ※水が足りないと冷めた時に硬くなりやすく、例えばお米が3カップの場合は、約100mℓ増しで水を加えてください。

  4. 炊飯します。
  5. 炊き上がり後は蒸らします。

    炊き上がり直後は、必ずほぐしてください。 余計な水分が飛んで、粒に張りのあるごはんに仕上がります。

    お好みの硬さに応じて、水の量を加減してください!

    硬めがお好みの方…お米1合につき、水約230mℓを目安。
    やわらかめがお好みの方…お米1合につき、水約260mℓを目安。

  6. 炊き方ひとつで無洗米は、おいしく炊き上がります!ぜひ、お試しください。

    上記手順は、あくまで参考例です。
    ごはんの硬さに影響する、水の量・浸水時間などはご変更いただき、お好みの炊き上がりでお召し上がりください。

もっとごはんがおいしくなる、ひと工夫!

もっとごはんがおいしくなる、ひと工夫!お米の量の1割程度のもち米を加える。⇒ もちもち感が増します。
お米1合に対して、大さじ1程度の酒を加える。⇒ 炊き上がりのふっくら感が増します。
お米1合に対して、大さじ1/2程度のみりんを加える。⇒ つやを出す効果があり、ツヤツヤ感が増します。
備長炭を入れて炊く。⇒ 遠赤外線効果でふっくら炊けます。
漬ける水は、冷やした水(約6℃)を使う。⇒ シャッキリ感、旨みが増します。
炊きたてのごはんを、しゃもじで軽くほぐし空気に触れさせる。⇒ もっちり感、シャッキリ感が出て旨みが増します。
大量に炊かない。⇒ 5合炊きであっても2〜4合で炊く。

【ご注意ください】
未成年者の飲酒ならびに飲酒運転は法律で禁止されています。お酒は適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
MWAJ(日本ミネラルウォーター協会)ロゴ

当社は、MWAJ(日本ミネラルウォーター協会)の正会員です。

当サイトは、個人情報を暗号化して送信するSSLに対応しています。