天然アルカリ温泉水・焼酎・健康食品の通販オンラインショップ

ミネラルウォーター・本格焼酎 13年連続日本一年中無休

定期一覧

購入履歴

スキンケア通信Vol.1|水・焼酎の財宝オンラインショップ

スキンケア通信Vol.1

財宝スキンケア通信Vol.1〜冬のスキンケアで大切な事は・・・水分補給と水分を逃がさないための油分の補給で乾燥を防ぐ事です。

1年のうちで冬はもっとも空気が乾燥する季節です。なぜ、冬は乾燥率が高くなってしまうのでしょうか?冬になると気温の低さや、冷たい風の影響で皮脂の分泌量が少なくなり、皮脂腺を作る力も弱くなります。このため、肌の水分はどんどん蒸発してしまい、肌はどんどん乾燥していってしまうのです。1年のうちで冬はもっとも空気が乾燥する季節です。なぜ、冬は乾燥率が高くなってしまうのでしょうか?冬になると気温の低さや、冷たい風の影響で皮脂の分泌量が少なくなり、皮脂腺を作る力も弱くなります。このため、肌の水分はどんどん蒸発してしまい、肌はどんどん乾燥していってしまうのです。

寒くなる冬にダメージを与えるものとは?

暖房からくるダメージ暖房からくるダメージ

寒くなると外には出ず、暖房のきいた部屋で過ごす事が多くなりますが、暖房のみで過ごしていると部屋がカラカラに乾燥してしまい、肌の水分が蒸発して、乾燥を引き起こしてしまいます。

外側からだけでなく、内側からもミネラルウォーターを飲むなどして、こまめに水分補給を行い、クリームなどで保湿・バリアをして蒸発を防ぎましょう。放っておくと乾燥が原因でシワや肌荒れのトラブルがおこるだけでなく、皮脂バランスを崩し、吹き出物などのトラブルになってしまいます。暖房をつけた部屋では加湿器などを利用し、適温を保ちましょう。

紫外線からくるダメージ紫外線からくるダメージ

夏に比べると紫外線量は少ないですが、冬でも肌に紫外線が降り注いでいるため、適切なケアをしていかなければ、冬でも日焼けをしてしまいます。日焼けをするとシミの原因にも繋がりますので、冬のスキンケアにUVクリームも取り入れ、紫外線対策を行いましょう。

外気からくるダメージ外気からくるダメージ

大気が乾燥している時、その乾いた風に肌がさらされると、肌を守る皮脂の分泌が減少したり、不感蒸泄(ふかんじょうせつ)※の肌を潤す汗が減少し、毛細血管が萎縮(いしゅく)して肌の血液循環が悪くなるといった悪影響をおよぼす場合があります。

※不感蒸泄とは、私たちが感じる事無く気道やひふから蒸発する水分の事を言います。(発汗は含まれない)
量は体温や呼吸の状態により変化しますが、常温安静時には健常成人で1日に900mℓ(ひふより600mℓ・呼吸による喪失分が300mℓ)程度と言われています。

水分からくるダメージ水分からくるダメージ

冬に水仕事を繰り返すと肌がカサカサになってしまいます。また、気温の低さや冷たい風の影響により、皮脂の分泌量が少なくなり肌の水分が蒸発してしまいます。入浴後・洗顔後は肌を拭かずに放置したり、化粧水後クリームなどをぬらずに放置していると、肌は激しく乾燥するので注意が必要です。

唇のケアもスキンケアの一部唇のケアもスキンケアの一部

冬になると唇がカサカサになってしまいがちです。唇の角質層はとても薄く、さらに細胞間脂質※や天然保湿因子も少ない唇には皮脂腺や汗腺もないため、皮脂膜を形成する事ができません。そのため、どうしても紫外線や乾燥などの刺激を受けやすくなってしまいます。ただし、肌のターンオーバーが28日であるのに対し、唇のターンオーバーは3〜5日と短め。
そのため、ダメージの回復も早いのです。リップクリームを常に携帯し、乾燥を感じたら塗るというこまめなケアを心がけましょう。特に乾燥がひどい時には、はちみつやワセリンを塗ってラップで唇を包み込み5分間放置するスペシャルケアもおすすめです。

※細胞間脂質とは、角質層の細胞と細胞の間にある脂質の事で、細胞同士を接着してはがれにくくしている事から、「セメント物質」または「接着物質」とも呼ばれています。
水分を保持し、肌をみずみずしく保つのに重要な役割を果たしています。

季節の変化にも影響されない健康な肌作りを目指して・・・近年は年間を通して空調が管理されているため、1年中乾燥肌気味の女性が多くなっています。年間を通して大切なケアは保湿とUVケア。ヒアルロン酸やビタミンCを補っていく事が大事です。季節の変化にも影響されない健康な肌作りを目指して・・・近年は年間を通して空調が管理されているため、1年中乾燥肌気味の女性が多くなっています。年間を通して大切なケアは保湿とUVケア。ヒアルロン酸やビタミンCを補っていく事が大事です。

カサカサする乾燥肌を改善するための3つのポイント!カサカサする乾燥肌を改善するための3つのポイント!"

お風呂

お風呂に適切に入ることは、乾燥肌の方に良いと言われています。新陳代謝を高め、毛穴を開き、肌の奥につまった汚れを落としてくれるので、化粧水やクリームが肌に浸透しやすくなります。

38〜40度のお湯に入る

肌の水分は長時間熱い湯に浸かっているとどんどん失われていくので、熱い湯はさけましょう。また浸かるのは10分を目安に、長風呂はなるべく避けましょう。半身浴もオススメ。その際は、入浴時間は20分程が目安です。

身体は優しく洗う

身体を洗う時、ゴシゴシと力を入れて洗うと、肌が傷ついてしまうため、肌に刺激を与えないように泡で優しく洗いましょう。

入浴後は必ず保湿を

肌の保湿をしないままでいるとすぐに乾燥してしまうので、入浴後はできるだけ早く化粧水・クリームなどで保湿を行いましょう。

生活習慣を見直す

偏った食生活や睡眠不足、過剰なストレスをうける事でも肌の潤いが失われ、乾燥肌になってしまいます。

  • 偏った食生活
  • ストレス
  • 睡眠不足

また喫煙や過度の飲酒なども、肌の新陳代謝を阻害し肌の状態を悪くしてしまいますので、規則正しい食生活を心掛けましょう。

  • 喫煙
  • 過度の飲酒

1日2ℓを目安に水を飲むようにし、ビタミンCと一緒にコラーゲンをとるなど、内側からもケアを行いましょう。
(※体質や年齢、体型によっても異なる)

  • 水分補給
  • コラーゲン

たっぷりの水分を肌に与える

洗顔後、入浴後は時間が経てば経つほど、化粧水の肌への浸透率はどんどん低くなっていきますので、できるだけ早めにつけましょう。つける際は「もったいないから」といってわずかな量で使用しているとお肌に化粧水の効力が十分に行き渡らず、化粧水の効果が発揮されません。(おすすめステップ 美水→アフター)
ですので、「ちょっと多いかな」と感じるくらいにたっぷりとつけましょう。化粧水は清潔な素手でやさしくふんわりと押さえるようにしてつけましょう。

  1. 財宝の美水

    角質をやわらかくし、後から入る化粧品の浸透力を高める。

  2. 財宝の美水アフター

    お肌と同じ弱酸性だからお肌の調子を整えることができる。

  3. モイスチャークリーム

    お肌に入れた成分を逃がさず整えた状態をキープするために、お肌にふたをする。

コットンを使用されている方もいますが、コットンは皮ふに無数の傷をつけてしまう原因となることもあります。毎日のお手入れの蓄積で肌の表面を傷めてしまうと、皮ふを保護するベールがなくなり、常に水分が蒸発してしまう現象がおきます。そうするとシミ・シワができやすくなってしまいますので、乾燥肌の方は特に清潔な素手で行いましょう。
その後は、モイスチャークリームをたっぷり使い、乾燥を防ぎます。脂性肌の方は、顔全体の皮脂の分泌が過剰になっているので、油分の入った保湿は控えめに。Tゾーンが脂っぽい混合肌の方は、肌が乾燥した部分に水分と油分をたっぷり補給するようにしましょう。

簡単チェック!

あなたの肌は乾燥肌?

簡単チェック!あなたの肌は乾燥肌?

自分が乾燥肌かどうかわからない方もいるかと思います。右記の手順でチェックしてみてください。

  1. 洗顔

    洗顔はいつも通りに。顔の水分を拭き取る際は、肌を傷つけてしまうので、ゴシゴシと力を入れずに拭きとります。

  2. 放置(5〜10分程)

    その後、化粧水などはつけない状態で、放置します。

  3. 肌の状態を確認

    放置した肌に、つっぱり感を感じたり、口周りや頬などがカサカサしていたら、乾燥肌。違和感は特に感じず、肌もカサカサしていないのであれば、普通の肌質で、洗顔しても肌がしっとりして脂っぽさを感じる場合はオイリー肌になります。

いかがでしたか?
間違ったスキンケアは肌を悪い方へと痛めてしまいますので、肌質に合ったスキンケアを行いましょう。

次号もお楽しみに!

【ご注意ください】
未成年者の飲酒ならびに飲酒運転は法律で禁止されています。お酒は適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。

当サイトは、個人情報を暗号化して送信するSSLに対応しています。