天然アルカリ温泉水・お米・焼酎・健康食品の通販オンラインショップ

ミネラルウォーター・焼酎の通販オンラインショップ「財宝」

白川先生の健康医学コラム 温泉と肌|水・焼酎の財宝オンラインショップ
健康医学コラム

白川太郎先生のちょっといい話

第3回
温泉と肌
〜酸性とアルカリ性はどちらが美肌湯?〜

プロフィール

京都大学医学部を卒業し、英国オックスフォード大学医学部留学を経て、京都大学大学院 医学研究科 健康増進行動学 教授となる。

酸性とアルカリ性それぞれの代表的な温泉が記された日本地図

■酸性とアルカリ性それぞれの代表的な温泉

温泉には、さまざまな種類がありますが、お湯につかって一番感じる違いは、pHです。学校の理科で習ったようにpHとは酸性、アルカリ性を表しており、0〜14までの数値で示します。中性は7でそれより小さい数なら酸性となり、7より大きければアルカリ性になります。

酸性でもアルカリ性でも皮ふの最も外側にある角質と反応して古い角質をとってくれる作用があります。しかし、例えれば酸性はレモン水、アルカリ性はキンカン水のようなpHなので、肌での感じ方がまったく異なります。酸性の温泉ではピリピリした感じがしますし、アルカリ性の温泉ではつるつるの感じがします。これは、同じ角質をはがすにしても皮ふの違う成分と反応するので違いが生じるのです。

薩摩明治村の「財寶温泉」など、美肌の湯といわれる温泉はアルカリ性の温泉で、皮下の脂肪などと反応するのでつるつる感がでます。これに対して草津など酸性温泉では消毒作用が非常に強くなり、傷の回復などに適しています。

【ご注意ください】
未成年者の飲酒ならびに飲酒運転は法律で禁止されています。お酒は適量を。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与えるおそれがあります。
MWAJ(日本ミネラルウォーター協会)ロゴ

当社は、MWAJ(日本ミネラルウォーター協会)の正会員です。

当サイトは、個人情報を暗号化して送信するSSLに対応しています。