Water and Human

水を飲むタイミングが大切

水を飲むタイミングが大切

水とカラダの関係を読んで水がいかに人体にとって大切なのかがわかり、水分補給のススメで水分補給のさいのポイントもわかったので実際に「やってみよう!」と思っても、早まってはいけません。
1日に必要な水分量でも説明したとおり、1日に体外に排出される水の量は健康な大人で約2〜3ℓほどです。一般的に人はこの必要な水分量のうち約1ℓ程度は飲用水から摂取しています。しかし、「毎日そんなにたくさんの水を飲み続けることができるだろうか」と不安になる人もいるのではないでしょうか。
しかし、あるコツをつかむと、思ったよりも簡単に実行できてしまうのです。
そのコツとは「水を飲むタイミング」です。
水には、飲むタイミングというものがあり、基本的にこのタイミングを守れば、1日に必要な水分量は楽に摂取することができるのです。

水分補給のタイミング

水分補給のタイミング

では、水を飲むタイミングはどのような時なのでしょうか。
人は、1日のうち体が水分を必要としている時があります。
それは、

  • 朝起きた時
  • 朝昼晩の食事の時
  • 通勤・通学などで歩いた時
  • 運動の後
  • 勉強・勤務の合間
  • 入浴の前後

そう考えると、誰でも1日に数回は水分補給をするタイミングがあるのです。この時にコップ1杯程度の水をゆっくり飲めば、1日に必要な水分量を無理することなく摂取することができるのです。

「でも、やっぱり毎日水だけを飲み続けるのはつらい」という方もいるかと思います。そんな方は、まずは水以外の飲み物の量を少しずつ減らして代わりに水を飲むようにしてみましょう。
例えば、10時の休憩時間に飲んでいた1杯のコーヒーをお水に変えてみるとか、食事中は水以外の飲み物は飲まないようにする等です。最初は、つらいと感じる方もいるかと思いますが徐々に慣れてくると逆に糖分をたくさん含んだジュースなどよりも水の方が飲みやすく感じるようになると思います。
また、朝起きた時やお風呂上りは体の水分が減っているので、常温または少し冷えた水をコップ1杯飲むのもオススメです。